むちうちは早めの治療が肝心

  • むちうちってどんな症状?
  • むちうちは、首、肩、腰、めまい、吐き気の原因になるかもしれません
  • 事故後の不調には太田市のあおぞら接骨院へ
  • 首や身体の痛み
  • 手足のしびれ
  • 頭痛
  • 吐き気・めまい
  • 耳鳴り
  • だるさ
  • 気力の低下

交通事故が原因でむちうち症になってしまう人はとても多いのですが、むちうち症は骨折などの目に見える外傷と違って見た目にはまったく分かりません。

事故のすぐ後に、その症状が出てしまえばすぐに確認できますが、場合によっては何日も、また何ヶ月も後になってから症状が出てしまう場合があります。

目に見えない症状ですから、無理をしがちですし、そのせいで悪化させてしまうこともあるのです。
さらにはなかなか周囲から理解されず、精神的な負担に悩む方もいます。

あおぞら接骨院では、そのようなむちうち症をしっかり改善し、心身ともに健康に戻れるよう治療します。

むちうち症はしっかり治しましょう

むちうちは早めの治療が肝心

むちうち症というのは、交通事故などの衝撃で腰椎、胸椎から頸部や頭部にかけて鞭を打ったようにしなることで、頚部に大きな衝撃加わってしまうことで神経、筋肉、そして靭帯などが損傷することで起きてしまう症状です。

むちうち症を放っておくと、後遺症としてさまざまな症状に悩まされることになります。

交通事故の後に背中が張ってしまったりしびれてしまったり、頭痛やめまいなどの症状に悩まされていませんか?
事故当時目に見える怪我がない、痛みもないということで大丈夫だろうと思っている方も多いのですが、事故の衝撃というものはかなり大きなもので、安易に考えてると大変なことになりかねません。

むちうち症は、事故の衝撃によって骨盤や背骨が歪んでしまうことが原因で、生じるのです。
むちうち症は自然に治るものと思っている人も多いのですが、それは間違いです。
骨盤、頸椎のズレというものは自然に治ることがなく、放っておくとますます悪化してしまうのです。
個人差はあれどしっかりとした治療を行うことで、2~3ヶ月で改善されます。

治療をせずにいれば、症状は固定されてしまうでしょう。
症状が固定されれば、後遺症も長期的な治療が必要になります。

あおぞら接骨院では、手でしっかりと筋肉、骨の状態を確かめ、緊張をほぐしながら神経の圧迫を取り除くことでむちうち症を改善します。
不調を残したままでは、身体だけでなく精神的な不安も続くでしょう。

あおぞら接骨院は、自賠責保険が適用されますので、交通事故のむちうち症治療には、お金がかかりません。
整形外科などの併院や転院も可能ですので、ぜひご相談ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

あおぞら接骨院。夜8時まで受付。太田市の交通事故治療ならお任せ下さい。電話:0276-55-8131
TOPへ戻る