病院からの転院が可能

  • 病院(整形外科・接骨院)の治療で改善しない。転院可能?
  • 転院・併院が可能

交通事故で怪我をした、という場合には病院へ行きますが、その際に診察や検査、治療を行うのが整形外科です。
レントゲンでは骨に異常があった場合には良く分かりますが、筋肉の損傷、異常は分からないので骨に異常がないとされれば治療は行われません。

しかし交通事故での体に受けるダメージというのは、骨だけでなく身体のさまざまな部分に受ける可能性があり、特に多いのがむちうちです。

むちうち症は、整形外科でももちろん治療をすることができますが、長い間痛みが残っていて病院へ行っても治療のしようがないということが多い症状です。
痛みやだるさ、頭痛などという嫌な症状が続いてしまい、精神的にも肉体的にもつらい状況になります。
痛みだけではありません。
目に見えないその症状を理解してもらえないことで、大きなストレスになってしまうこともあるでしょう。

あおぞら接骨院は、整形外科とは違い医療行為は行いません。
外科的手段での治療ではなく、筋肉の損傷や異常については筋肉を触ることで、交通事故が原因の不調を改善するのです。

  • 病院治療で良くならないく
  • 自賠責保険使用で接骨院の治療が可能
  • 整形外科と併院が可能
  • 保険会社との交渉・保険会社への連絡・転院手続きのサポートが接骨院でできる
  • 矯正で歪み改善

接骨院と病院(整形外科)の違い

接骨院と整形外科、名前がよく似ていますが、接骨院と整形外科では大きな違いがあります。
それは整形外科は、病院で医師が治療を行います。
しかし、接骨院は医療行為を行いません。
医療行為は、医師免許を持った医師が行える行為です。

接骨院は、柔道整復師と呼ばれる厚生労働大臣から免許を与えられる国家資格を持つ者が、施術を行う場所です。
柔道整復術と呼ばれる古道の活法を基本にして、西洋や東洋の医療技術を加えた方法で、施術を行います。

整形外科での治療後、または治療と平行しながらリハビリ、ストレッチ、テーピングなどで日常生活のサポートを行うのです。
これが接骨院と整形外科との違いです。

医療行為ができない接骨院ですが、あおぞら接骨院では、厚生労働省から認可されており、自賠責保険が適用されます。
そのため交通事故の治療に関しては示談の前であれば、患者様の負担はありません。

あおぞら接骨院では、主にマッサージや電気治療、矯正などを組み合わせ、手で施術を行うことで痛みから解放、改善できるように施術を行い改善に向けてのサポートを行っています。
むちうち症などの後遺症も、骨や筋肉、そして神経のバランスを良くみながら治療をします。

あおぞら接骨院では、整形外科からの転院、また併院も可能ですので、交通事故の後遺症にお悩みの方はぜひおいでください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

あおぞら接骨院。夜8時まで受付。太田市の交通事故治療ならお任せ下さい。電話:0276-55-8131
TOPへ戻る